そもそも屋上緑化って?

屋上緑化とはビルの屋上に植物を植えたスペースを設けることによって、ヒートアイランド現象を抑制することと、建物全体を日差しから遮断をすることで室内の温度を下げ、冷房を使わずに省エネを実現できる手段です。この手段を用いることによって、二酸化炭素の排出量を減らすことができます。つまりは現在問題となっている環境問題への取り組みの一環であるともいえ、年々、屋上緑化を行なうビルは増えつつあり、身近な存在となりました。

エアコンを使わないで得た健康

屋上緑化の効果の一つに、建物全体の温度を下げることにあります。屋上に差し込む日差しを緩和することができるためです。そうすることで冷房を用いたとしても設定温度を高く設定しても涼しく感じられるので省エネにつながります。電気代を安く抑えることができるのです。また、冷房の効いた空間に長く居続けることによって、風邪を引いてしまったり体調を崩すリスクも軽減することができるので、快適な空間をつくり出すことにもつながるのです。

環境にも良くて一石二鳥

主に環境対策で行われる屋上緑化ではありますが、健康面においても効果があるといえるので、まさに一石二鳥でしょう。そんな屋上緑化は単に緑化をするだけではなく、植物を植えた屋上を人の集まるコミュニティスペースにすることもでき、活用の方法も様々です。環境に貢献をしながら利用する人々にも良い効果を与えることができるので、最近では様々な工夫が行われるようになりました。植えられる植物も多様化しているので、それぞれ個性があります。

屋上緑化は都市部の狭い土地であっても屋上を上手く利用することで自然の環境を取り入れることが出来ます。