犬の販売ルートを知ろう!

犬の販売ルートについての情報は、比較的少ないんですよね。犬の最大の生産者は、専業繁殖者なんですよ。供給数の40パーセントから50パーセントを占めていて、多品種、多頭数を大規模な牧場で繁殖しているんですよね。ペットショップ経営兼繁殖者も多品種、多頭数を生産していて、10パーセントから20パーセントを占めているんですよ。ショードッグを目指しているブリーダーは1種または数種のみを多頭数繁殖していて、これは10パーセントから20パーセントを占めますね。

犬はどこで購入する?

犬の専業繁殖者やペットショップ兼繁殖者、ショードッグを目指しているブリーダーの残り10パーセントから20パーセントが趣味的繁殖者や一般飼育者であり、特定の品種を少数繁殖しているんですよね。最大の供給元である専業繁殖者からの犬はオークションに出品され、そこで競りにかけられた後にペットショップに引き取られるんですよ。飼い主がペットショップから購入している多くの犬はこの経路ですが、最近ではインターネットオークションで購入する飼い主も増えていますね。

ペットの飼育はペットの購入から!

ペットの飼育はペットの購入から始まりますから、信頼のおけるペットショップで購入するのがおススメですよ。そうしたペットショップでは専任の獣医師がオークションで購入された子犬の健康診断を行い、問題ないものについてのみ販売しているんですよね。飼育経験や家族構成、主に世話する人、家屋の構造、また現在、飼育中のペットがいるのなら、その種類や頭数なども店員に伝えて、適切と思われる犬種、個体の候補を提示してもらった後に購入すべきでしょう。特に販売価格が通常よりも低い場合には、その理由も聞いてから判断する必要がありますね。

インターネット等で見かける子猫を家でも飼いたいと憧れている方もいるでしょう。そんな時には、子猫販売のお店に足を運んでみると、かわいい子猫と出会うことができるはずです。